<育毛対策>ヘアケア用品タイプを使って育毛効果

"もし薄毛のことで悩んでいるのでしたら、まずは正しい育毛剤選びから始める必要があります。
育毛剤の中には、髪の毛を痛めてしまい薄毛の進行を早めてしまうこともあるので注意しましょう。
育毛シャンプーなどといったものは外用薬や内服薬ほどの即効性を得ることは出来ませんが、日常のシャンプーを育毛用のものに変えるだけという手軽さから非常に注目をされており、外用薬や内服薬などの育毛剤の効果を高めるための補助的なものとして使用されます。

 

育毛シャンプーというのは毛穴の詰まりを綺麗にして、また毛根の活性化効果があるものが多くなっており、シャンプーそのものに育毛効果を得ることが出来るものと、普段使用している通常のシャンプーに薬液を加えてシャンプーをするといった方法があります。シャンプーに育毛効果を付与させたいと思っている場合におきましては、そんな時使うのが育毛シャンプーや育毛トリートメントなどの育毛ヘアケア用品となることでしょう。"



<育毛対策>ヘアケア用品タイプを使って育毛効果ブログ:2019-05-24

体重、体脂肪率、BMI、ウエストサイズ…
とかく減量には数字が付きまとうもの。

そして数字はついつい人と比べたくなるものです。
比べるつもりはなくても、比較するのが簡単なので、
優劣の基準になりがち…

例えば…
減量中の仲間と比べて、
「オレなんて減量始めて1ヶ月たつけど、
4キロ落とすのがやっと…」と落ち込んでしまったり、
「体脂肪率をそんなに落とすなんて、オレには絶対無理…」と
減量をあきらめたりしたことありませんか?

でもね…
体重や体脂肪率、減量の期間を、
人と比べるのはあまり意味が無いと思うんですよね。

実際、
体重100kgの人が90kgに減らすのと、体重50kgの人が40kgに減らすのとでは、
同じ10kg減でも、減量の難易度はまったく違いますよね。

また、同じマイナス10kgでも
筋肉量をキープ、もしくは増やしながら減量した人は、
体重を落とすのに時間はかかるものの、
基礎代謝量が高く、太りにくくてやせやすい体質になっているので、
リバウンドする可能性も低く、筋肉がある分、
見た目も健康的で引き締まって見えるわけです。

減量の目標値やそれに必要な期間は、
その人の体質や遺伝、生活環境によって当然変わるもの。

減量に関する数値を他人と比べることで、
「オレもがんばろう!」とやる気になるのであればいいのですが、
無意味に落ち込んで自分に自信をなくしてしまったり、
減量そのものをあきらめてしまったりすることは、
とてももったいないことなんじゃないでしょうか?