<育毛対策>頭皮はいつでも清潔さを保っておきましょう

"毎日のようにシャンプーをして排水口に髪の毛が溜まってしまうのを見て愕然としてしまうことありませんか?
しかしどんなに抜け毛があるからと言ってシャンプーをしないというのは逆効果となってしまうのです。
シャンプーをする際に抜け毛を気にしてしまうということから、十分な洗髪を怠ってしまう人が多数いらっしゃいますが、1日50本〜100本の抜け毛というのは気にする必要は全くないのです。

 

数多くの育毛剤が販売されていますが、しっかりと自分に合っているものを使用していますか?
一番大事なことは自分に合ったものを選ぶということなのです。

 

洗髪というのは毎日欠かさずに行うようにしてください。フケやゴミなどで毛穴が詰まりますと毛根にいいはずがありません。
ひどい場合の時におきましては粃糠性脱毛症の原因の一つともなってしまいます。皮脂というのは、頭の表面や毛髪の乾燥を防ぐことの出来る役目もありますが、あまりにも多過ぎてしまうと細菌が繁殖してしまうこととなります。
そしてどんなに洗髪したとしましても、自分の髪や頭皮に合っていないシャンプーを使用してしまったり、 十分なすすぎを怠ってしまったり、さらには地肌を痛めるような洗髪も抜け毛の原因となります。 "



<育毛対策>頭皮はいつでも清潔さを保っておきましょうブログ:2019-12-07

お子様の身体は大人よりも
エネルギーの消費量が多いので、
食べる事の際にしっかりと穀物を摂取していないと…

次の食べる事が来るはるか前にウエストが空いてしまい、
間食を食べるようになってしまう。

朝方食後の午前10時頃や、昼食後の午後3時頃は、
お子様にとっては丁度、炭水化物の消化吸収が終わった辺りであり、
蛋白質や脂肪の消化吸収が始まる頃である。

その時に血糖値が下がるためにウエストが空いてしまい、
それでおやつを欲しがるということにつながる。

お子様におやつを食べさせる場合、
ごく少量なら別に構わないのだが、
量が多くなってしまうと、
食べる事の時間になっても血糖値が下がらないので、
ウエストが空かなくなってしまう…

そのため正規の食べる事を少ししか食べなかったり、
好き嫌いを言い出してしまう。
そうなると、栄養バランスは完璧に崩れるのである。

間食を抑止するためには、
なんといっても食べる事をしっかりと取らせることが重要!

無精白穀物を食べさせていると、
腹持ちがいいので、次の食べる事まで血糖値を維持できる。

そうすればおやつを食べたい気持ちが起きないので、
おやつ抜きでもお子様は全然平気である。

しかし精白穀物を食べてしまうと、
血糖値が急激に上昇する代わりに、血糖値が急激に降下するので、
食べる事をしっかり食べたのに、
おやつを欲しがるようになってしまう…

精白穀物を食べている家族に限って、
その家のお子様たちはおかしが大好きなことが多いが、
それは精白穀物が引き起こす
「血糖値のジェットコースター」に
はまっているからなのである。